ゆんころプロデュースのラピエルがヤバい!

ゆんころプロデュースの潤いナイト美容液『ラピエル』

 

〜ラピエル(Lapiel)とは、
人気ブロガーゆんころによってプロデュースされた
美肌潤いナイト美容液です☆〜

 

 

人気メイクアップアーティストや芸能人、モデル等がプロデュースした美容液は沢山ありますが、「ブロガー」がプロデュースした化粧品というのはとても珍しいですよね。

 

 

 

 

まめにエステや美容クリニックに通っている有名人ではなく、私たちと同じようにスキンケアについて悩んでいるブロガーさんがプロデュースした商品だなんて、なんだか親近感がわいてきますよね!

 

 

またラピエルは、その配合している成分にもとことんこだわっています。

 

 

 

美肌効果だけではなくリラックス効果も得ることができるローズエキスをはじめ、ここ数年その高い美容効果が注目されているプラセンタエキスカタツムリ分泌液がたっぷりと配合されているのです。

 

 

実際、人気ブロガーさん5人にラピエルを6日間使ってもらったところ、
肌水分量が平均5.94%もアップしました。

 

 

たった6日間でこれだけの結果が出るなんて、驚きですよね。

 

 

 

さらにラピエルは、中身だけではなく外見にもこだわってつくられています。

ラピエルのボトルはノズル部分がゴールドで、ボディーがピンク色という大人可愛いいデザインとなっており、使用するときはもちろんインテリアとしてお部屋に飾っても素敵なのです。

 

そしてこのボトルは「エアレスボトル」となっており、ボトルの中に空気が入り込むことがありません。

 

そのため、ボトルの中で空気中の細菌が繁殖するのを防ぐことができるのです。

 

見た目だけではなく実用性にも優れているボトルなんて、素敵ですよね。

 

 

 

このラピエルはリリースされて以来大変な人気を博しており、先日行われた世界最大級のガールズブロガーイベントGBSにおいてお披露目された際にも、大きな話題となりました。

 

『ゆんころ』とは。

美肌ナイト美容液ラピエルは、カリスマブロガーゆんころによってプロデュースされています。

 

では、“ゆんころ”さんというのは一体どんな人なのでしょうか。

 

そこで、ゆんころさんのプロフィールについて簡単にご紹介しちゃいますね。

 

 

 

「ゆんころ」とはブログのハンドルネームで、本名は小原優花さんといいます。

 

 

人気ブロガーとして知られるゆんころさんは、現在ファッションモデルとして様々なステージで活躍しています。

 

 

 

そんな彼女ですが、実は中学生の頃、同級生から悪質ないじめを受けていました。

 

その理由は彼女の“真面目さ”と“顔立ち”。

 

そして彼女をいじめていたのは主に“ギャル”でした。

 

そのため彼女は、ギャルに対して強烈な嫌悪感を持つようになってしまったのだそうです。

 

今のゆんころさんの姿からはちょっと想像しがたいですよね。

 

 

 

そんな彼女を変身させるきっかけになったのは、親友から益若つばささんのブログを教えてもらったことでした。

 

彼女はそれ以来益若つばささんのブログを毎日見るようになり、そのメイクや服装までもをまねるようになったのです。

 

 

そして2008年、彼女に転機が訪れます。
クルーズブログにおいて「ゆんころ」という名前で『ゆんころぶろぐ☆』を始めたんですね。

 

このブログにおいて彼女は、自撮りを可愛くするコツや可愛い写メを取るコツなどを披露し、その独自のテクニックはギャルだけではなく多くの女性の支持を得ました。

 

また2009年には、ギャル・リサーチ・プレスによって行われた「GRP Award 2009」において、最終週ブロガーにも選ばれています。

 

ギャルにいじめられてギャルに嫌悪感を持っていた彼女は、いつの間にかギャルのカリスマになっていたのです。

 

そして現在までに、ゆんころさんのブログへのアクセスは延べ16億以上という、文字通りの“カリスマブログ”になっているんです☆

 

 

配合成分や使用感はもちろんボトルデザインや実用性といった細かい部分にまでこだわりが詰まっているラピエルは、真面目で繊細なゆんころさんだからこそ作ることができたものなのかもしれませんね。

 

 

 

大人気のラピエル、もしどうしても「合わないかな・・・」と思う場合には、
全額返金保証制度を利用することもできますので、まずは試しに使ってみてはどうでしょうか♪

 

 

憧れのプルプルお肌が手に入るかもしれませんよ☆

 

 

*潤いナイト美容液 『Lapiel 〜ラピエル〜』*

更新履歴


このページの先頭へ戻る